ジュエリーショップで婚約指輪を買う前に贈る意味を知る

ジュエリーショップで婚約指輪を買う前に贈る意味を知る

手

婚約を約束する証として

婚約指輪は結婚指輪とは異なり、「あなたと共に居たい」という意思を伝え、将来を予約するために渡される指輪と言われています。そのため、デザインもシンプルなものが多いとされており、銀座では職人の腕が試されるジュエリーです。今から婚約指輪「を用意する方は、こういった婚約指輪の意味を知って、贈るといいでしょう。その方が贈る側もきちんと気持ちを固めることができるはずです。

赤い糸

婚約指輪の起源は古代ローマ

多くの人に知られていないのが、婚約指輪の起源です。その起源とは、古代ローマとされています。古代ローマでは、大切な人と約束をする際に、鉄の輪を交換していたと言われています。そしてその習慣は、時を経て、鉄の輪から金の指輪へと変化し、愛を誓うものとして受け継がれています。

人気の婚約指輪のタイプを比較してみよう

一粒のダイアを引き立てるシンプルタイプ

指輪の中心に一粒のダイアを置くことで、その存在感を大きく引き立てることができます。また、リング部分にダイアを使用せず、ホワイトゴールドのリングにすることで、より一層ダイヤの輝きを引き立たせる事ができます。

エタニティを利用したデザイン

エタニティとは、リングに同じサイズの宝石を複数はめ込んでいくデザインです。可愛らしいデザインを作りやすい上に、ハーフエタニティと呼ばれる半周しか宝石をはめないタイプだと、普段使いにしても傷つける心配が少ないことから人気があります。

広告募集中